民泊を検討中なら代行業者に依頼するのが賢明

人気エリアと穴場を探す

模型

条件から選択肢を決める

大阪は西日本の中心地であり、経済市場を大きく動かしている都市のひとつでもあります。東京、神奈川に次いで人口が多く、それだけ人が集まるということは住む家も必要になってくるということです。しかし、人口が多いということは、ビルやマンションを建てることが優先され、逆に戸建てを建てるだけの土地の余裕がないということにもなります。実際に持ち家より賃貸住宅に住む人が多いのが大阪の特徴であり、投資家としては収益物件で儲けを出すのに最適な条件とも言えます。これから大阪で収益物件を探すなら、どのエリアが最適か、これを考えることが最も重要となります。収益物件で人気となるのは、やはり人が集まりやすく商業施設が集まる梅田に程近い福島区でしょう。分譲マンションが程よく建っている地域で、兵庫県にも近いので人気物件が集まりやすい傾向にあります。また、大阪南部では閑静な住宅街の広がる阿倍野区の帝塚山も人気が高いようです。人が集まる人気エリアは当然ながら競争率が高いので、条件の良い収益物件を探すのが難しいものですが、少し視点を変えることで良い結果をもたらすことがあるかもしれません。つまり、人気エリアからではない地域を狙ってみるのもひとつの手ということです。大阪府北西にある鶴見区は、公園も多く緑豊かな地域で、教育機関なども揃っているのでファミリー向けに最適とされます。また、南東部にある平野区は人口密度が高く単身向けの住居を求める人が多いので、収益物件を探しやすい地域とも言えます。最終的に決定するのは自身の判断ですが、選定のポイントを決めておけば良い物件を見つけることができるはずです。